製品索引4


■製袋機

型式 特徴
SWHS-700 ポリ+不織布変形製袋機。 クリーニングパックなど、複合製袋に向きます。 サーボシステム、超音波シール機など搭載。 swhs-700.jpg (14504 バイト)
SD-H70 ポリファッションバック。 ポリ手提げ袋からオムツの包材までの兼用機。 sd-h70.jpg (13124 バイト)
TOO150k 全自動不織布輪転シール製袋。 お茶パック、水切りパックなど、高速不織布製袋を全自動で行います。 包装ラインとのシステム化OK。 too150k.jpg (18725 バイト)
KSWG 枚葉式紙ファッションバック。 寸法変更が容易で、高品位な紙パックを製作。 製品切り替え時間短縮仕様。 kswg.jpg (30362 バイト)
APS57 枚葉高速製袋機。 ポチ袋、お年玉の袋など用。 分400枚製袋。 pochibukuro.jpg (19581 バイト)
APS-I 枚葉高速製袋機。 枚葉原紙を下から給紙(上から原紙供給可能)後、サクションロロールで搬送しながら、糊付け、折り畳み、2色フレキソ印刷付で少ロットにも対応。 aps_i.jpg (19066 バイト)
  昔ながらの薬袋製袋機。 枚葉製袋の中ではスベリ素材に対応できることから、現役活躍。 直角型と直線型有り。  
  高速輪転製袋機。 業務用封筒製造機です。 kousokurinten.jpg (13878 バイト)