沿革


 
昭和48年 岸工作所創立。金封折り機製造に着手。東京折り、大阪折り、中金封の三種の機械を製造。ウェットティッシュボトルタイブ国産化に成功。
昭和50年 スリツター、各種製袋機製造に着手。総合加工磯メーカーとして体裁を整備。
昭和53年 川之江工場開設。
昭和55年 機種多様化ニーズに応えるべく、川之江工場を当地に統合。社名を岸製作所と改名。   
昭和59年 紙おむつ製造ライン、ポリマーシート製造機開発。これ以降、大型製造機械開発の需要が高まる。資本金3百万円で(株)岸製作所設立(S57)      
昭和60年 製造機種の拡大により工場増設。新型ポリマーシート製造ライン完成。    
昭和61年 家庭用電気掃除機のクリーナパック(電掃袋)開発。
昭和62年 設計の合理化を計り、コンピュータによるCAD化を推進。ウェットティッシュ製造ラインの標準化、グラビア多色印刷機等の独自開発などレギュラー商品育成に着手。         
昭和63年 海外輸出独自に開始。
平成 元年 ウェットティッシュ詰め替え用ヒット。地球環境問題が社会の課題となる。
平成 2年 海外事業部として韓国仁川に支社設立。流せる大判トイレクリーナ流行。
平成 4年 新工場完成。
平成 6年 工業用モールドマスク完成。フローリングワイパー流行。
平成 7年 不繊布と薬剤による肌のケアー商品躍進。資本金1000万円に増資。
平成10年 超薄型柔らかカイロ、全自動濾紙加工生産ライン、不織布の新型ラミネーションなど開発。オーストラリアヘウェットワイパー一環製造ライン完納。
平成11年 全自動ベビー用ウェットワイパーポップアップタイブ製造ライン出荷。21世紀に向けての新しい創造へ着手。